治療法により相場が異なる

お尻

治療を受けた人から高評価

パートナーの反応を見たり、指摘されたりなどして、自分の膣が緩いと自覚する人が多いようです。出産や加齢によって骨盤底筋の筋力が衰え、膣がだんだん緩むのは自然の摂理として仕方がない事です。美容外科やクリニックでは、様々な治療が確立されているので、自分に合った方法を受けることができます。気になるのは、膣引き締め治療にかかる料金ですが、それぞれの治療法によって異なります。治療法は、大きく分けて注入法、レーザー法、外科手術の3種類があるので、それぞれの料金の相場をご紹介しましょう。注入法による膣引き締めは、ヒアルロン酸を注入するなら15万円から20万円、脂肪を注入するなら25万円から30万円が相場となります。メスを使わず傷も残らないので、人気のある施術方法です。レーザー法による膣引き締めは、レーザーの種類によって料金が異なります。YAGレーザーなら18万円から25万円、高周波なら22万円から30万円、CO2レーザーなら10万円から15万円が相場です。もっともダウンタイムが短いのが高周波で、翌日から性交渉ができます。外科手術による膣引き締めは、55万円から60万円が相場となっており、出産前や若い頃の膣に戻せると評判です。膣引き締め治療を受けた人の口コミでは、性交時の感度が上がったり、尿漏れが改善したりなど、受けて良かったという声が多くあがっています。ただ、効果を持続させるには定期的に治療を受ける必要があるため、膣トレなどと組み合わせている人も多いようです。